「バリアフリー」住宅とは、床の段差をなくしたり、階段に手すりを取り付けるなど、生活の障壁(バリア)となるものを取り除き、高齢になったときなど、身体の機能が低下した場合でも、快適に自立した生活を続けることのできる住宅です。

お年寄りから子どもまで、安全に安心して暮らせる住まい「快護住宅」づくりを目指します。 参考 (東京都住宅バリアフリー推進協議会−バリアフリー住宅とは)

1. 玄関までのアプローチ部分
気軽に出入りでき、社会と常に接するためにも安全なアプローチを確保することが大切です。緩い勾配のスロープを設置することや、障害物を取り去り段差を解消することが主な改善点です。
2. 玄関などの入口部分や廊下からのアプローチ
お年寄りや身体の不自由な方、車いす利用のかたでも簡単に移動できる段差のない床への改造や手すりなどを設ける工夫が必要です。スロープ・リフト・移乗台・床材改善などが主な改善点です。
3. 浴室
入浴はお年寄りや身体の不自由な方だけが利用するばかりでなく、一緒に住まわれている家族が心身共にリラックスさせ、清潔にするために利用されるものです。安全に入浴できるアプローチをスムースにし、段差を解消・手すりの設置・移乗台設置・非常連絡装置の設備などが主な改善点です。
4. 便所
車いすやお年寄りでも安全かつ快適に使用できる。和便から洋便に・車いすでもらくに利用・ウォシュレットに変更・ドアを引込戸・非常連絡装置の設備などが主な改善点です。
5. 階段
安全性を考え、勾配や踏み面、け上げの寸法を検討する。位置・形状・材質はもとより手すりの設置・足元灯・踏み板の滑り止め設置・昇降機設置などが主な改善点です。
6. 廊下
明るさや手すりの設置で安全な歩行や通行ができる計画にすること。切れ目のない手すり設置・足元灯設置・人感スイッチの検討・通路の幅を広くなどが主な改善点です。
7. キッチン
動きやすく、使いやすいが大切です。
食器洗い機やオーブンを新設・動きやすく広い調理台で作業ができる・車いすにすわったままでも調理ができ、いろいろなスイッチもすわったまま操作できるなどが主な改善点です。
8. 部屋
寝室を生活の中心になったときのことを考えて、各部屋をバランスよく配置する。室内を車いすで移動しやすく・寝たままでもリモコンでスイッチ操作できる・隣室にトイレや洗面を設置する、などが主な改善点です。