住宅に関しては、築後25年前後でリフォームの必要が家庭内の変化に応じて生じます。
リフォームの必要は建物の老朽度にもよりますが、ライフスタイルの変化が急激に起こった時期がリフォーム時期と考えられます。
すなわち、家を新築する時期を35歳と仮定すると、急激な生活の変化が起こる築後25〜30年が家のリフォーム時期であると推測出来ます。
子供が成長するとともに間取りなどの住環境機能が低下し、同時に第一世代が高齢化し、バリアフリーの概念が住環境に求められてきます。その時期が築後25年くらいであり、家をリフォームし、住環境機能を向上させる時期です。

このようにして、ライフスタイルの変化とリフォーム時期は相関関係にあると言えます。

5年ごとの主な修理・修繕(主なもの)
●5年目 塗装の塗り替え
●10年目 中規模修繕
●15年目 塗装の塗り替え
●20年目 大規模な修繕