リフォームしたい内容が決まったらリフォーム専門家に相談しましょう。
リフォーム工事は様々な業者が請負っておりサービス分野や得意分野が異なります。
そのため、リフォーム専門家である建築士による評価および判断が必要です。
建築士に相談することで、建築主の要望に合わせた住まいの提案が期待でき、設計と同時に工事監理の契約も結ぶことで工事全体を確認してもらえ、安心してリフォーム工事をまかせることができます。

※ 建築士会に属している会社に依頼することをお勧めします。
建築士会会員は『建築士を探そう』でお近くの施工業者を探すことが出来ます。
●工務店・建設会社の探し方
お近くの建築士会(地図上に着色)のホームページにリンクします。
・@「建物種類」からお建てになりたいものを選びます
 (初期設定は「戸建て住宅」)
・A「依頼先」を「工務店・建設会社」に変更します。
・B「地域選択」お近くの地域にチェックを付けて
・C「検索ボタン」を押すと、パートナー探しが始められます。
 結果の表からさらに詳細な内容が見られます。

1. リフォームしたい内容とその理由を詳しく伝えます。

2. 既存建物の設計図書や建築確認申請書や図面がある場合は必ず見せましょう。

3. 疑問は全て聞き、相談する際には必ず現場を確認してもらいましょう。

4. リフォーム工事において既存の構造を使用して施工が可能かどうか判断してもらいましょう。
5. 建築主では判断できない部分を建築士に診断・アドバイスしてもらい、トラブルの発生や無駄のないプランをお願いしましょう。

それぞれの得意分野を持った専門工事業者がいるので建築士に相談の上決定することが大切です。

リフォーム専門会社
小規模の修繕から大規模の増改築まで幅広いリフォームを行います。
設計から施工まで一貫したノウハウを持っており、小規模の修繕等のリフォームから大規模の増改築まで総合的な対応が期待できます。
大工・工務店
修繕などのメンテナンスから増改築まで地域密着型のサービスが期待できます。
ちょっとしたメンテナンスから増改築まで幅広く手がけており、地域密着型のサービスが期待できます。
ハウスメーカー系
増改築から水まわり・インテリアまで自社の住宅リフォームには強みを発揮します。
新築のノウハウを活かし、増改築などの大規模な改造から水まわり・インテリアまで幅広い対応が期待できる。特に自社ノウハウで新築した住宅のリフォームに強いです。
設備メーカー系
水まわり設備など得意分野の専門知識や豊富な経験を活かしたリフォームが期待できる。設備系という専門知識や豊かな経験を活かして設備機器の交換などのリフォームに対応します。
インテリア系
家具やカーテンの変更からインテリアのコーディネートまで内装に関するリフォームを得意とします。家具・カーテンから壁紙の張替、内装全体まで様々なリフォームに対応しており、内装に関する専門知識を活かしたきめ細かな対応が期待できます。

6. 調査の実施
診断のための各種調査概要
・住まい手からの聞き取り調査
・ 設計図書調査
・ 建物立地条件や制約条件の確認
・ 目視検査及び調査
・ 現場詳細調査
7. 調査チェック項目

【調査チェック項目】