契約完了後リフォーム工事が始まります。
リフォームの施工が新築工事と大きく異なる点は「工事に際して既存建物がすでにある」ということです。木造在来工法の構造形式については知識がなければ、木造住宅のリフォームの施工を正しく行うことは不可能です。
建物の構造体を正しく理解して、適切な施工方法によってリフォームを行い、住まい手の生活の快適性や居住性を向上させていくことは、既存建物を手直ししながら長く使っていくという家本来の考え方です。
省資源やリサイクル・環境保全の考え方からも極めて現実的です。

【リフォーム工事の流れ】