10年保証書付住宅
 火災・地震保険
建築士会の”保証書付住宅”とは?

安心できるマイホームに住むためのサポートとして、本会会員があなたの大切な住まい(新築)を最低2回検査し、建築士会が10年保証書を発行します。

平成12年4月1日に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行され、新築住宅の取得契約(請負/売買)において、基本構造部分(柱や梁など住宅の構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)について10年間の瑕疵保証責任が義務づけられることになりました。また、基本構造部分以外も含めた瑕疵保証責任が、特約を結べば20年まで伸長可能になりました。


*関連サイト・・・建築士会 「住宅検査・保証制度」
 http://jutaku-hosho.jp/syouhi/index.html


瑕疵担保責任とは

売買の目的物に隠れた瑕疵があった場合に売り主が買い主に対して負わなければならない責任のことをいいます。
「隠れた」とは、通常人の注意を払っても発見できないことをいい、「瑕疵」とはその対象不動産について通常有すべき品質・性能を有しないことをいいます。

例えば、屋根や外壁からの雨漏り、床の沈みや傾斜などが「隠れたる瑕疵」にあたります。
このような瑕疵があった場合には、売主の故意又は過失に関係なく買主は瑕疵担保責任を追及できます。
瑕疵担保責任の内容は  
・ 買主は売主に対して損害賠償の請求をすることができる。
・ その瑕疵のために買主が契約目的を達することができない場合は、解約を解除することができます。

火災保険とは
大切なお住まいを万一の事故から守るためには、火災保険に加入する必要があります。
一般的な火災保険としては「住宅総合保険」がありますが、主な補償内容は下記の通りとなります。

1. 火災(失火や類焼等)
2. 落雷による損害
3. ガス爆発など、破裂・爆発による損害
4. 風・雪・ひょう(台風、暴風雨など)による損害
5. 外部からの物体(ボール、石など)の飛来、落下、衝突、航空機の墜落などによる損害
6. 給排水設備または、他の戸室で生じた事故による水濡れによる損害
7. 騒じょう・集団行動・労働争議に伴う暴力行為による損害
8. 家財・現金の屋内での盗難(盗難の際の建物、家財の破損・汚損も含む)による損害
9. 洪水・床上浸水による損害

尚、補償内容は保険会社により、またご契約内容により異なります。また、最近では各保険会社より、ユーザーのニーズに合わせた新しい形の火災保険が登場しております。詳しくは各保険会社へお問合せ下さい。

地震保険とは
世界有数の火山・地震国、日本!いつ、どこで大地震等による災害が発生しても不思議ではありません。
地震・噴火・津波による自然災害の損害は火災保険では補償されないため、地震保険に加入する必要があります。また、火災保険では、地震等による火災(地震等により延焼・拡大した損害も含む)によって生じた損害も補償されないため、それらの損害を補償するためにも地震保険に加入する必要があります。
保険料は、建物の構造、お住まいの地域によって異なりますので、詳しくは各保険会社へお問合せ下さい。